自動車の買取店と購入先の下取りとはどちらがお得か

自動車を売りに出す場合

長年愛用した自家用車も古くなったり旧型なので飽きてしまったりといろいろ事情が出てきて処分しようかなと思うことも皆さん多々あるかと思いますが、できれば高い値段で引き取ってもらいたいものですね。
さて、いざ売りに出すとなれば中古車買取店へ持ち込んで査定してもらうことになりますが、業者によっても査定額が色々違い、安く売ってしまうこともよくある事例だそうです。
一方高く査定してくれるところはビックリするくらい高額なところもあるようで、売りに出す際には本当に注意深く情報を集めて業者を見極める必要があるようですね。
せっかく長年愛用して思いいれも強くある愛車なのでできれば一円でも高く買い取って欲しいものですね。

買い換えて新車を購入のために下取り

また自動車を買い取りに出す以外には新車購入の際に下取りにしてもらい差額値引きをしてもらうといった方法もあります。
ただ一般的には買取の価格を大幅に下回ることが多いようで、あまりうまみはないようですね。
査定額が国で取り決めされている上限額に準じた査定になるので買取に比べると価格面でどうしても不利になることが多いようです。
ただ新車購入になりますので、下取りをメリットとして色々なオプションを付けてもらうとか自動車自体の価格交渉をもっと突っ込んだ形でできるなど有利な点も多いので、新車に絞って購入買い替えをお考えの方はおいしいと思います。
後下取りは面倒な処分代もかからないのでそのまま購入店に丸投げすることもできるので持ち込みの際楽ですね。